にわのこと

にわのこと

我が家の庭と植物について

にわのこと

MENU

芝生鋏を買いました

今まで芝生バリカンのみで芝刈りをしていましたが、壁際がうまくカットできず、放置してました。

今回、壁際の芝生をカットするため芝生鋏を購入しましたので、レビューします。

結論としては買って満足。壁際の処理にお悩みの方におすすめします。

 

 

処理前後の比較※下がカット後
f:id:niwashin:20190813073227j:image

 

バリカンでは手が出せなかった壁際や、砂利の近くもカット出来ました。

 

芝生鋏のメリット

芝生鋏の最大の特徴は、柄が回転することです。柄が回転することで、地面に対して垂直に柄を握れるので、楽に力をかけることができます。

普通の鋏では、地面と平行して柄を握ることになる為、作業し辛く疲れやすいです。

 

購入した商品

f:id:niwashin:20190812091432j:image

 

ゴールデンスター
❝これが日本の芝生鋏 2105❞

 

価格

定価3240円。Amazonで1,919円。

安くはないですね。

Amazonの評価

73件のコメントで、4.1の評価。

それほど高くはないですね。

この商品を選んだ理由

芝刈機も手掛ける『キンボシ』の製品

 芝刈機も作ってるキンボシさんなら、芝生の特性を理解し、使用者のことも考えて作ってるだろうと。

まぁキンボシさんの商品は初めて買うんですけどね。。。

 

・柄が回転する

・ロック機構がついてる

・刃にテフロン処理がされてる

上記3つは、他の芝生鋏にも採用されているので、特に商品選びに影響なかったです。キンボシさんからレーキ付きの芝生鋏も出てましたが、メリットが良くわからず、選びませんでした。

 

Amazonでの心配な口コミ

1.重くて疲れる

2.握力が必要で、腕がパンパンになる

3.刃元だと切れない

4.すぐに切れなくなる

 

使ってみての感想

1.重くて疲れる

→30代男性が使う分には重さは特に気になりませんでした。むしろ、最初に手にとったとき、見た目に反して軽いなと感じました。

 

2.握力が必要で、腕がパンパンになる

→製品としてはスムーズに動きます。何もストレスを感じませんでした。

ただ、30分ほど使うと腕はパンパンになります。これはもうしょうがないです。局所的に使用するアイテムとして割り切りましょう。

 

3.刃元だと切れない

→確かに刃先より刃元が切れにくい気もしますが、普通に使っていて、切れずに引っかかることは一度もありませんでした。

 

それより注意すべきなのが、刃先でライナーを切ろうとすると切れません。

おそらく刃の設定が薄い葉を切ることに合わせられている為、硬くて太いライナーを切るのには向いてないんだと思います。

刃の根元だとライナーを切れましたが、製品にダメージがありそうなので、あまりライナー切断には使わない方が良いと思います。

 

4.すぐに切れなくなる

→最初の使用中に切れ味の変化は感じませんでした。こちらはこれからの検証です。とりあえず、防錆油で拭いて保管しています。

おわりに

一番大事な切れ味悪化の検証ができてないままですが、1回使った感想としては『買って満足』です。芝生鋏はキワ刈り用のもので、高さ調整も出来ないので、芝全面を鋏で仕上げようとは考えないで下さい。恐ろしく疲れた結果、ボコボコの芝生が出来上がります。

芝刈機欲しいですが、しばらくはバリカンで頑張ります。

マンゴーを種から育てる

マンゴーの実生記録です。

袋蒔きで無事に発根したので、レポートします。


f:id:niwashin:20190802065844j:image

宮古島からマンゴー(アーウィン)が送られてきたので、種から育ててみることにしました。

 

用意するもの

 

1.マンゴーの種
2.ジップロック(チャック付き袋)
3.ピートモス(orミズゴケ)
4.お湯
5.耐熱容器
6.水切りネット

(4,5,6は無くてもできます)

 

準備

 

マンゴーの実を取り除く

食べ終えて残った実を軽く削ぎ落とします。

ちなみに、マンゴーは種の周りが一番美味しいので、かぶりつきましょう。
f:id:niwashin:20190723123926j:image

 

種を取り出す

上で種と説明していましたが、実はこれは殻になります。

殻を割って、種を取り出します。

最初に、端の方を少し切り落とします。

※かなり滑るので、手を切らないよう、注意してください。


f:id:niwashin:20190723124309j:image

 

切れ目に指をいれ、左右に引き裂きます。


f:id:niwashin:20190723124327j:image

 

取り出した種がこちらです。


f:id:niwashin:20190723124647j:image

 

 

ピートモスを殺菌

 カビ対策のため、熱湯殺菌します

このとき、水切りネットと耐熱容器があると便利です。

ピートモスを水切りネットにいれたあと、洗濯バサミで耐熱容器の縁に掛けます。


f:id:niwashin:20190723125512j:image

※今回用意したピートモスの体積は、種の大きさの4倍程度です。

 

熱湯を掛けて5分後に水を捨て、しばらく放置します。

水切りネットごと絞って水を切り、ピートモスジップロックに入れます。

※絞る力は女性が普通に握るくらいの力で良いかと思います。

ピートモスは冷めにくいので火傷に気を付けてください。

 

種を袋に入れます

 準備した袋に種を入れます。カビの原因となるので、有機物が付着しないよう気を付けます。

袋にいれたら、放置です。


f:id:niwashin:20190729125820j:image

 

 

6日目 発根

なにやら突起が伸びてきました。こんなに早く発根するなら、そのまま土に植えても良かったかもしれません。。。


f:id:niwashin:20190731125603j:image

 

わかり分かりにくい画像ですいません。手前に向かって根が伸びています。

 

もう少し根が伸びたら、土に植えようと思います。

簡単なんで、自由研究にもおすすめです。

発芽したらまたレポートします。

 

 

アボカドを種から育てる

アボカドが発芽したので、経緯まとめです。

種から水耕栽培で発芽させました。

 


f:id:niwashin:20190720120203j:image

 

用意するもの

 


f:id:niwashin:20190720120731j:image

1. アボカドの種
2.爪楊枝
3.透明な容器(ペットボトル等)
4.根腐れ防止剤(今回は不使用)

アボカドの種は、完熟品をスーパーで購入して実を食べ終わったものを使いました。

包丁で種に多少傷がついても大丈夫です。

 

準備

 

1.アボカドの種の皮を剥きます

 他の方の記事を見てると皮のままの方もいるので、剥かなくても大丈夫と思いますが、果肉が残っているとカビてしまいますので、今回は剥きました。

 

2.消毒します

カビ対策の為、消毒します。

キッチンハイターを10倍程度に希釈し、1分ほど種を浸けました。

次亜塩素酸ナトリウムに消毒作用があるので、次亜塩素酸ナトリウムが入っていれば、キッチンハイターでなくても良いと思います。

 

3.種の向きを確認

 根が生えるおしりの部分は、まるっこくて少し色が変わっています。

 

4.爪楊枝を刺します

 種を半分程度水に浸けたいので、おしりから2/3程の高さで爪楊枝を刺します。

容器の縁に引っかけるため、3方向から1cm程度の深さで刺しています。

斜めに刺すと、水に深く浸けれます。

 

5.容器に水を入れ、種を乗せる

 種をのせたら、準備完了です。

普通は根腐れ防止剤を入れた方がよい様ですが、今回は調達出来なかったのでいれていません。

水が腐らないよう、できれば毎日、長くても3日に1回は水を替えています。

 

※時期について

暖かい方が発芽しやすいと思いますので、今回は4/20に水に浸け始めました。

 

5/30発根?

水に浸け始めて1ヶ月後から、おしりの方が少しぼこぼこになり、それから5日ほどでおしりが割れました。


f:id:niwashin:20190703124509j:image

 

6/10発根

f:id:niwashin:20190703124804j:image

割れたおしりから、にょきにょきと根が延びてきました。すごい早さで伸びていきます。

f:id:niwashin:20190703125239j:image

 

 

7/7発芽?

f:id:niwashin:20190720110413j:image

根っこの少し上から、緑色のなにかが伸びてきました。


f:id:niwashin:20190720115821j:image

最初の画像と同じですが、おしりの方に透明なブヨブヨしたものができてます。調べると水カビっぽいです。

根ぐされ防止剤を入れてたらならなかったかなと反省。

とりあえず、水で流しながら指で削ぎ落としました。しばらく様子見です。